Stairway to Heaven...act.1

しれ~っと更新です。

十分に放置プレイを満喫しましたので、、、

ここ数か月の間に僕を取り巻く環境も変わりつつあります、、、

皆様にお伝えしたいこともあるのですが、時期を見計らってお伝えしていこうかと、、、

今回のタイトル「Stairway to Heaven...」ご存知zeppの名曲であります。
まぁ素人の僕が一歩づつ刺繍を体得し、どのような形で自分のモノのしていくか、、、
はたして天国に到達できるのか?

ココに書くコトは全て技術的な裏付けは一切ありません。
僕が日々の作業でトライ&エラーで身に着けていったものであり、師匠のような方から伝授された技でもなんでもありません。
「独学」ってヤツです。普段から刺繍作業に従事されいる人からみればちゃんちゃら可笑しいかもしれませんが、、、活きのいいバカが出てきたじゃん!みたいな目線で見て頂ければこれ幸い。

今回、刺繍するのがこれ!!!
d0328741_2133787.jpg




デラックスウェア様のデニムジャケット。
実を言いますと、ほかの方がやった刺繍を真似て刺繍するのは今回が初めてであります。
なぜこの図案にしたのか?

最大の理由がこれ!!!
d0328741_2111141.jpg

裏が丸見え!!!
僕には、まるで整備書の部品展開図のように見えます!!!
オペレーターさんの刺繍手順もわかるぜ!!!
フムフム、、、この時点で僕が思い描いていた作業手順と全く違うことが見て取れます。
最大の相違点は「角」の刺繍方法、、、
今までの僕なら、角の先端から付け根にかけてループさせていくことでしょう。
こちらの方は、角を金太郎飴のように区切り、襟方向から裾方向へ、もしくはその逆にループを重ねています。
この方法のメリットは?
以下、僕なりの見解です。
①故意に幅を設定できるので、ループの幅を均一化できる。角の幅に影響されない。
②角部のループと顔部のループが同列にできるので、作品としてまとまりのあるステッチが施せる。
③均一のループなのでミシンの回転数が稼げる。作業時間短縮になる。
こんなところか?
なるほど~たったこれだけでもこんなに発見が、、、ほとばしる!!!脳内麻薬!!!エンドルフィン!!!

高まってきたところで、、、トレース。
d0328741_2133124.jpg


画像引き延ばして出力したので、細かいところが良くわからん。しかも波打ってる、、、
しかし、今回の目的は完コピではなく「同等の品質で限界まで早く踏むコト」であります。
なので多少の違いは良しとします。

d0328741_21424029.jpg

600rpmにて、、、
45分、、、早いのか?遅いのか?
まぁ遅いでしょう。600rpmといってもパーシャルからべた踏みチョイ手前ほどなので、、、
あと、迷い針といいますか、どうすっか?みたいな場面が多々ありました。










d0328741_21463574.jpg

赤だけで25分。都合1時間10分、、、












d0328741_21492291.jpg

文字入れるだけで30分。都合1時間40分、、、
、、、、、、、そうなんです!
僕は文字がちょっと苦手?でありまして、時間掛かってますね。
今まで自分が描いたイラストばっかり刺繍してきたせいですね、、、










d0328741_21572711.jpg

なので、、、意識して強めに踏むっ!!!



よりによって本日サーバーメンテナンスで回線切られちゃうので、今回はここまでとします。
明日以降に続きをアップさせていただきます。
よろしくお願い致します。


伊藤
[PR]

by checkmatepikas | 2014-08-08 22:02 | Embroidery