Free hand...?

こんにちはCheckmate...です。

ちょっと更新が滞ってましたね。すいません。

数名の方から、版についてお問い合わせがありましたので少し追加補足させていただきます。

当店では、刺繍の版は一応制作しております。


簡単な流れを説明いたしますと、、、

①原画の処理・・・原画をスキャンしましてPCに取り込みます。ここでチマチマと画像処理をして綺麗な線にします。
拡大すると、切れていたり、汚れが点在したりと、なかなか手間のかかる工程です。

②原画の出力・・・OHPフィルムに印刷です。この良し悪しで版の品質が決まるかと、、、刺繍の下絵なので銀塩などのインクは使いません。0.2ミリほど判別できれば十分との判断からです。

③スクリーンへの露光・・・木枠に固定したメッシュへ乳剤を塗り、露光させます。要は写真の現像みたいなもんです。露光は多少のノウハウがありますが、写真や高品質のTシャツ版下の制作ではないのでサクッといきます。

④生地へプリント・・・スクリーンプリントと全く同じことをします。刺繍の下絵用ですが、Tシャツにプリントも可能です。輪郭線のみになりますが、、、www

このような流れにて版を制作いたします。

ちょっと僕もブログの書き方が良くなかったと反省しております。
ネット上のアップしている作品は、ほぼ一点モノなので手書きトレースがメインになっております。
同じ図案を三個以上制作される場合は版を作った方が良いかと考えております。

かなり手作り感いっぱいの版となります。
カッケー設備を導入したいですが、、、







d0328741_1224622.jpg

この透明なのがOHPフィルムです。
プロジェクターの投影に使うアレです。
[PR]

by checkmatepikas | 2014-09-22 12:28 | Embroidery