Living Legend...

こんにちはCheckmate...です。

今回も?伊藤青年のマスターベーション全開の内容となっておりますので、多くは期待しないでください。



d0328741_19482172.jpg

今回刺繍するのは、、、

Foo Fighters のデイヴ・グロールさんです。ニルヴァーナのドラムやってた方といえばピンとくるかもしれません。
多くは語りませんが、、、かなりカッコイイです。






d0328741_1951787.jpg

いきなり進んじゃってますが、色味を抑えて陰影を強調して刺繍しております。
黒に見えるのは濃紺の糸で、生成り、グレー2色の合計4色でいきます。







d0328741_19544420.jpg

シャツと髪の毛は、同じ色の糸なんですがステッチ密度、粗さの違いで違う色っぽくなるようにしてます。
なんとなくシャツの方が紺色っぽいでしょ?
後述しますが、他にも理由があっての事です。








d0328741_200193.jpg

生成りは丁寧に、、、顔の凹凸を意識しながら、鼻から頬骨にかけてのラインが綺麗に出るように、、、
首は叫んでる際の筋張った感じが出せるように、、、
紺、グレーは丁寧に廻しつつ、髭や髪の毛の風合いが出るように、ゴワッとした感じを狙ってます。







d0328741_20105849.jpg

ほぼ最終形です、、、
このような作品を何回も、何回も、やった結果、、、僕なりに導き出した一つの結論です。
全ての個所を、できる限り丁寧にビッチリと埋めてみても、なんか違うんですよね。
そこで、僕がイメージしているのは油絵です。
油絵って、油の量をかえて、筆の置き方、払い方などで、同じ色でも違って見せてくれると思うんですよね。
ハンドルでもそんな表現がしたいな~って考えたのです。

今回の様に実在の人物などはこのような表現がハマる気がいたします。
イラストなどはできる限り正確に、できる限り忠実に刺繍した方がカッコよくなる気がいたします。

ブログのための刺繍なので、こんぐらいで辞めておきます。
おわかりだと思いますが、ただの手抜きです。テヘッ








d0328741_20304871.jpg

[PR]

# by checkmatepikas | 2014-09-12 20:33 | Embroidery

A Hole Named Desire...

こんにちはCheckmate...です。

d0328741_19174214.jpg

覗き込んで見える事象を表現するのが好きだったりします。
上の画像のように鍵穴だったり、、、玄関ドアなどに付いてるのぞき穴だったり、、、
見てはいけないモノを見てしまうんじゃないか?の様なドキドキ感の演出に最適かな、、、









d0328741_19232915.jpg

この様に我が家の日常風景を公開するのも気が引けるのですが、、、
構わず突き進みたいとおもいます。








d0328741_1927621.jpg

こちらも、我が家の日常の一コマになります、、、
鍵穴ではなく、愛情たっぷりでハートで表現してみました。
あっ、、、わかります?うちの嫁、お尻の形最高なんですよ!!!ははは、、、








d0328741_19303718.jpg

まぁ、、、インスタで公開したのはここまでとなります。
臀部から大腿二頭筋辺りにかけては、か・な・り・拘ってハンドル廻しました。
臀部刺繍においてのテーマが、、、「単色でどこまで立体的、肉感プルンプルンに表現できるか?」です。
上の写真は何にもエフェクト掛けておりませんので、ありのままとなっております。









d0328741_19451012.jpg

で、、、ホントの完成形がこちらです。
今度は臀部の拘りとは真逆の手法をとっております。
悪く言えば、画力が無いのを小細工で補っている、、、かもしれませんが、刺繍においては相当有効な技法かと、、、
あ!特別な事ではないですからね!
みなさんやられていると思いますが、モロに絵心が出ます。
そう!ハイライトの入れ方です。
ハイライト入れる前だと、水色の背景にバアサンが腋毛を晒して突っ立っているだけですが、、、
ちょっと白色を追加すると、鏡に映っているようにみえませんか?
この白色で、見えないガラスを表現するわけです。
そして、、、ニーハイにもちょっとだけ色を挿します。
臀部や太ももの丸みを想像しながら、、、
のっぺりから魅力的な太ももになる様に願いながらです。
臀部には余計な事はしないと決めているので、今回はこの臀部でOKとします。

アホな記事を最後まで閲覧していただき、誠にありがとうございました。
[PR]

# by checkmatepikas | 2014-09-09 20:07 | Embroidery

Close Encounters of the Third Kind ...

こんにちはCheckmate...です。

常日頃、もっと巧くなりてぇ~なんて呪文のように頭の中で唱え続けているのですが、、、

温故知新といいますか、、、たまには始めたばっかを振り返ってみようかと、、、

d0328741_1546551.jpg

問題です。
これは一体なんでしょうか?



そう!チェリーです。
シニールにて縫われたチェリーの刺繍です。

この刺繍、、、今でも大事にしまってます。

僕がこの刺繍ミシンを受け取りに行った際、坪井ミシン様が授けてくれた1枚になります。

全てはここから始まっているといっても過言ではありません。

なんせ見たことも、触ったことも無いのに注文しちゃいましたから。

自分で刺繍をしては、何べんも見比べて、、、刺繍して、見比べて、、、

忘れられません。






d0328741_15541017.jpg

前にもチラッとあげましたが、ホントにこれがファーストコンタクトです。
第一印象ですか?
正直言いますと、、、「楽しい!!!。」
当然不安もありましたが、そんなものはどっか吹っ飛んでいきましたね。











d0328741_1623029.jpg

画像データによりますと、ミシンを受け取った2日後の写真です。
大変お見苦しいのですが、これが現実、、、
しかし、既に当店のマスコットキャラクターの原型なるものができており、、、
右端にはトライアンフ乗りにはおなじみのリーピングタイガー(のつもりです。)が、、、
簡単に言いますと、ミシンを買って2日目の人には刺繍を頼んだらいけません!







d0328741_1694392.jpg

そして約2週間、、、
ちょっと見れるレベルには成長しているかと、、、
ほんとに楽しいので、ひたすら踏んでいました。、、、今もですけど。









d0328741_16163415.jpg

そして時が過ぎ、、、成長してんのかな?
外を眺めていたら、小学生がダブダブの合羽を着ていて可愛かったので、骸骨さんも同じ色にしてやりました。
vain effortって直訳しますと「無駄な努力」、、、
今までの努力、、、無駄だったのかな?
イヤイヤ!!!無駄じゃないでしょ!!!
[PR]

# by checkmatepikas | 2014-09-08 16:25 | Embroidery

Ideal...

こんにちはCheckmate...です。

d0328741_14131735.jpg



こちらのトラック、、、

僕が初めて目にしたのが、今から12~3年ほど前になります。

アイキャッチとなるベアメタルボディ、、、オリジナルのキャビンであることを無言で強烈に主張しております。しかも極上、、、

写真ではほとんど確認できませんが、職人(Jimmy shine本人)の手による、叩き出しによるグリル、、、

そして、このホイール、、、18インチですよ!!!(たしかハブはスチュード・ベイカー製)

荷台の中には燃料タンクが鎮座しており、なんとB52爆撃機の燃料タンクです!!!

当時、61chevyに乗っていた僕は真剣に乗り換えを考えていました。

それぐらい衝撃を受けた一台、、、いまでも好きです。

そんな思い入れたっぷりの車両を刺繍いたします。

d0328741_14281553.jpg

トレースはほどほどに、閃き重視で縫い進めます。
その証拠に、いきなりフレイムスが追加されております。





d0328741_14315369.jpg

ちなみに嫁は、この状態が一番好きと言ってました、、、
わからなくもないなぁ、、、











d0328741_14333277.jpg

ちょっと青っぽいかな、、、と思いつつ続行、、、
ハイライト入れれば狙いどうりになる自信があったためです。











d0328741_14394578.jpg

またもや思いつきでフレイムスに黄色追加、、、
この辺だな、、、これ以上いじっちゃうと絵がうるさくなりそうです。
糸の始末がイヤなので荷台側から攻めております。w









d0328741_14414795.jpg

んで、、、完成!
ホントはまだ完成じゃないけど、、、テヘッ





d0328741_14452977.jpg

[PR]

# by checkmatepikas | 2014-09-08 14:48 | Embroidery

お詫び

こんにちはCheckmate...です。

皆様にお伝えしなければならない事があります。

当店で制作させて頂いていた「ベスト」についてのお詫びになります。

大変、好評をいただいていたのですが、肝心の刺子生地の入手が出来なくなってしまいました。

入手できなくなった最大の理由が問屋さんの倒産、もしくは夜逃げです。

当初は電話連絡も可能でして、入荷日が翌月、また翌月になり。

なにかおかしいと思い、問屋さんに行ってみたら、既に更地になっていました。

産元は京都であることまで突き止めたのですが、やはり僕のような実績の無い店舗には卸してもらえませんでした。

代替えとして、地元浜松にも似たような生地を生産している業者さんもおられまして、当然お願いに行ってみました。

繊維業界において全く実績、信用のない私では生地1mを分けてもらうことができませんでした。

自分の実力不足、ただそれだけです。

そして、その為に迷惑をかけてしまいました皆様には誠に申し訳ありませんでした。

今回の事態を正面から受け止め、皆様に正直にお詫びをしていきます。

この件で応援していてくれたローリングス様、レフティボンド様、そして、ぼくの周りのみんなは何も悪くありません。

全て僕の責任です。

メール、もしくは電話にて直接、ぼくがお詫びしたいと思いますので、皆様の思いの丈をぶつけて下さい。

真摯に受け止め、ぼくの気持ちで精一杯お詫びしたいと思っております。

出来ないというのが本当に悔しくて、対応が後手に回ってしまいすいませんでした。

本来はもっと早くご連絡差し上げるべきだったのですが、遅くなってしまったことを重ねてお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

伊藤




当方連絡先になります。

〒436-0053
静岡県掛川市弥生町195 2F
℡:0537-54-0316
E-mail:checkmate110@cy.tnc.ne.jp

Checkmate...
伊藤公彦
[PR]

# by checkmatepikas | 2014-09-05 21:57 | life